心筋梗塞

心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは、動脈硬化や血栓などが原因で
冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態です。

心臓の筋肉に血液(酸素)を送る冠動脈の動脈硬化が進んだり、何かの原因で血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。
心筋に血液が行かなくなると、その部分が壊死してしまい、壊死の部分が大きくなると心臓の収縮・拡張ができなくなるため、命にかかわる危険な状態となり、緊急の治療が必要です。

心筋梗塞の症状

心筋梗塞で起こる胸痛は、焼けつくような激しい痛みや圧迫感が特徴で、時間も15~30分以上長く続きます。狭心症のように、ニトログリセリンも効果がありません。このような状態になったら、すぐに救急車を呼びましょう。
なお、心筋梗塞の発症が原因で心室細動という不整脈を起こし、心停止状態になる可能性もあります。このような場合には、救命率の向上が1分を争う事態ですので、周囲の気づいた人が救急車を呼ぶと同時に、救急車が来るまで心臓マッサージやAEDによる救急蘇生を続けてください。

急性期を過ぎた心筋梗塞を陳旧性心筋梗塞といいます。また、痛みがなく、知らないうちに心筋梗塞になっていたという診断を受ける場合があります。無痛性心筋梗塞といいます。陳旧性心筋梗塞、無痛性心筋梗塞は、健康診断の際の心電図検査で偶然に発見されることが多いものです。

心筋梗塞の診断・検査

診断は、症状、身体的所見、心電図、心エコー図、X線写真によります。アイソトープを用いた心筋シンチグラム検査、MRI、CT検査も有用です。急性期には血液検査によって心筋からの逸脱酵素、炎症反応を測定します。
診断の確定は、カテーテルによる冠動脈造影検査を行います。

心筋梗塞の治療

内科的治療法には、冠動脈内で詰まった血栓を血栓溶解薬(t-PAなど)を静注して溶かす治療法や、風船(バルーン)が先についた細い管(カテーテル)を血管内に入れて、詰まった部分を風船で拡げたり、その後、再び閉塞するのを防ぐためにステントと呼ばれる筒状の金網を血管内に留置するインターベンション治療があります。最近は、ステントに薬を塗って血管の再狭窄を防ぐDES(薬剤溶出性ステント)と呼ばれるものが使用されることもあります。
外科的治療としては、別の血管を使って詰まった血管部位を回避する道を作る冠動脈バイパス術があります。

治療後はCCU(集中治療室)で心不全、不整脈、治療部の再閉塞などに対する管理を行ったのち、1日も早く快適な社会生活や家庭生活に戻り、さらに再発を予防することをめざして、運動療法・食事療法・健康相談などの心臓リハビリテーションを実施し退院となります。

出典:日本心臓財団(一部改変)

診療時間・アクセス

診療受付時間
午前受付/10:00〜13:00
午後受付/15:00〜18:00
休診日:土曜午後・木曜・日曜・祝日
※水曜午後は検査のみとなります。
※受付は30分前に終了いたします。

詳しい地図を見る

ページトップへ